2019年10月12日土曜日

業務内容

業務内容につきましてはこちらをご覧ください

兆候

10日ほど前に、約1年ぶりに電話をくれた友人がいました。御年65歳、悠々自適の一人暮らしです。その友人から、昨日また「お久しぶり・・」と電話が!!最初は冗談を言っているのかと思いましたが、やけに真面目な口ぶりです。10日前に電話で話したでしょ、という私に、そうだったっけ??という返事。ひょっとしてこれは何かの兆候でしょうか。心配になり、翌日、私からまた電話。昨日の要件覚えてる?との問いに「覚えています!」との返事。ほっとしました。

この仕事を始めた頃、長年の付き合いのお客様の様子がどんどん変わっていった事がありました。ある日、お客様のご自宅で二人で話していた時、突然、壁に向かって「今、黒田さんが来て話しをしているの」と語り始めます。ご主人が亡くなって3年くらいだったでしょうか。その前にも自転車がなくなったとか、帰り道がわからなくなってお巡りさんに迷惑をかけたなど、本人から聞いていましたが、至って普通なのでそれほどの緊急性も感じませんでした。今、思えばその頃から何かの症状が出ていたのでしょう。しかし今回ばかりは明らかに様子がおかしかったので、お身内の方にご連絡しました。今は施設で暮らしておられます。

そのお客様はお元気だった頃に遺言書を作成しておられました。当時はまだ任意後見制度もなかったため、自分の後見人になる人を決めておく、ということはできませんでした。今であれば、自分で判断できなくなった時に、自分の財産の管理や身の回りの世話を誰に頼むのか決めておくことができます。任意後見契約といいます。契約書の作成は色々と細かいこともあり面倒ですが、後見人を決めておけば安心なこともあります。

電話をして来たことを忘れた友人の事を考えながら、あれこれ思い出しました。


3回目の訪問でようやく天辺がチラリと見えた岩木山!

2019年9月27日金曜日

子どもの頃のヒーローはタイガーマスクでした

頭の中ではAを思い浮かべているのに、口からBって出てしまうことがあります…、ありますよね?ないですか?言い間違えた後、すぐ気が付き笑い話で処理できるので、まあ今のところ重大な病気ではないのだろうと思います。が、どよ~んとした不安もなくはない(笑)

先日は夜中に頭痛と吐き気と冷や汗に襲われ、翌日、数年ぶりに内科を受診。その前に自宅でこれまた久しぶりに血圧を測ったら147って数字が出まして、ビックリ仰天。ん、頭痛の原因はこれだ!と自己診断です。で、医師に「血圧が上がって頭痛と吐き気、冷や汗も出て辛かった」と訴えました。即、医師から質問です「普段の血圧はどれくらい?」この数年まじめに測っていない私。
「わかりません」
「健康診断は?」
「はぁ、受けたことありません」
「区から案内が来るでしょう?」
「は、はい。でも関心がないので捨ててます、すみません」
「そういうのを受けていないと高いかどうか判断できないでしょう」
「はぁ、そうですね…。自分のデータを人に見せたくない性分なので。ひねくれ者ですみません」
横になってお腹を押され、問診を受け、診断は「胃腸炎」胃薬もらって帰りました。薬を飲んでいるとスッキリして調子よい!おお、やっぱりただの胃腸炎だったのか!
その日から血圧管理です。なんだ常に140くらい出てる。スマートウォッチも血圧が測れるものに変えました。少し値は怪しいがまあこんなもんでしょう位の数値は表示される。
特に高かったわけではなさそうです。

で、話しは最初に戻りますが、言い間違いですよ、言い間違い。
「来月のZOZOチャンピオンシップのチケット入手しました。ダイガーマスク来ますよ、タイガーマスク、すごく楽しみですぅ~」と大きな声で話し、数秒後にハッと気が付きました。タイガーはタイガーですが、タイガーウッズです(´;ω;`) 狭いエレベーターの中にいた知らない人も笑顔になっています。ああ、みっともない言い間違い。
PGAの選手を千葉で見られるなんて、盆と正月が一緒に来るようなものです。今から楽しみでたまりません!

2019年7月18日木曜日

長い物に巻かれる

郵便局から冷凍食品も送れる冷凍ゆうパックがある、とネットで調べて安心し、前夜から準備。翌日出勤前に郵便局の窓口に持参したら、「冷凍ゆうパックは集荷だけの取り扱いになります!」と。ええええ~、もう持って来ちゃいましたよ、今から家に帰って集荷依頼なんてできません。家に持って帰ってまた冷凍庫に戻す暇もありません。

私:じゃ、仕方ないのでチルドでいいです…
窓口:では、品名に冷凍食品と書いてありますので冷凍を消していいですか?
私:いえ、そのままでいいです。
窓口:……しばし無言……
私:何か問題がありますか?
窓口:郵便局的にはマズイんです。どうして冷凍なのにチルドってなるので。
私:(心の中:私的には全くマズくありません)……しばし無言……
私:じゃいいです。そうして下さい。(潤滑油投下)
窓口:ありがとうございます。

明日の夕方にはほどよく解凍された大量の冷凍食品が家族の元に届くはずです。(´;ω;`)

小さいレシートのような紙切れの番号札が多い中、
B5のクリアケースに入った大きな番号札、ナイスです。

2019年7月7日日曜日

雨にも負けず

梅雨ではありますが、ゴルフ観戦はやめられません。雨も風もなんのその、リュックにカッパと折りたたみ椅子、双眼鏡、食料を詰め、いざ参戦です。

目的の選手のティーショットを見た後、そのまま同行する方もいますが、私は今のところホールを横に移動し、ロケーションのよいグリーン付近で選手の通過を待ちます。次々と好きな選手がやって来ます。遠くからやって来るのを双眼鏡で覗きながら応援し、グリーンに乗ったらドキドキし、パットが決まったら一緒に喜びます。

ゴルフは多少の雨や風では中止になることはありません。選手と同じフィールドにいて、風や雨、土の匂いを感じ、水を含んだ芝の重さを体感することは、テレビ観戦とはまた違った魅力です。ギャラリーの皆さんの雰囲気も開催されるコースにより違っています。先週末の戸塚CCはマダム率、お子様率が高かったように感じました。

そしてなんとなんと、戸塚CCではとてもラッキーな事がありました。ギャラリープラザを歩いていたら、エイミーコガ選手と遭遇したのです!あちらも一人、私も一人。「ぁ、ぁ、ああああ~、応援していますぅぅ~~」変な声を出す私に、エイミーコガ選手は、ハワイの太陽を思わせる、はじけるような明るい笑顔で「ありがとうございます」いやぁ~もうこれだけでチケット代の元は取ったようなものです。図々しく握手までしてもらい、一気に好感度アップ。ほんとに素敵な選手でした。

帰り際には、お目当ての選手のサインを求める男性群の長蛇の列もできています。強くてかわいいアイドルが一杯の女子の大会です。

上田桃子選手の看板と記念撮影

2019年5月13日月曜日

平成から令和になり


平成から令和になり、10連休もあっという間に終わりました。まだまだ先のことと思っていたオリンピックも観戦チケットの販売が開始され、何を観戦しようかとワクワクします。

先日、民事信託の話しをきく機会がありました。
遺言で実現できない自分の希望が民事信託をすることにより可能になります。お話しの中に出てきた家族は闇の部分を抱えており、それが民事信託を考えるきっかけになっていました。


家族円満であれば遺言書も民事信託も不要ですが、残念ながら世の中にはきれい事では済まされないこともあります。


2019年4月1日月曜日

終活

終活という言葉もすっかり定着しました。

先日、朝の出勤がてらゴミを出しに行きましたら、年配の女性がリサイクルのダンボール置き場に座り込んでおられました。

立てなくなったかな?と思い、声を掛けたところその通りで、私につかまってもらって無事に立ち上がることができました。

女性は家族に捨てられた物を回収に来たと話しておられました。女性にとっては大事な物ですが、家族にとってはゴミ同然だったのでしょう。どちらの気持ちもよく分かり胸が痛くなりました。 

今時はスマホさえあればフリーマケットで簡単に物を売ることができます。利益が目的ではなく、捨てるよりは気が楽という理由で私も使っています。

送り出した品々に対して、独立して家を出ていった子どもたちを想うような気持ちになります。私の所でゴミになるよりは新しい持ち主さんの元で使ってもらった方が幸せだと信じたいです。新天地でもゴミになっているとかも?という不安も無きにしも非ずですが、それはそれで仕方ないですね。人生諦めが肝心。 

立てなくなった話しでもう一つ。道ばたで座り込んでいるおじいさんの脇に自転車を止めた女性。こちらも立てなくなったおじいさんを自転車で通りかがった女性が発見。自分の力では立ち上がらせれることができず、散歩中の夫に声が掛かりました。

年を重ねると色々と大変な事がありますが頑張って生きて行きましょう!ファイト! 新元号「令和」に決定。ますます頑張りましょう!